女性

仕上がりが美しい格安の美容外科|口コミサイトでチェックしよう

効果的な豊胸手術

女医

多くの女性がコンプレックスを持つ部位といえば、胸が挙げられます。バストの大きさは人それぞれであり、体質によってはあまり大きく成長できない場合もあるのです。女性にとって胸の大きさはある種のステータスでもあります。知り合いや友人に自分よりも胸の大きな人がいると、なんとなく劣等感のようなものを覚えてしまう人もいるでしょう。また、胸が小さい人ですと着られる洋服も限られてしまうことがあります。タイトな洋服を付けると体型が強調されてしまうため、ショップで欲しい洋服があった場合も泣く泣く諦めてしまったという人もいるでしょう。しかし、体型が目立たない洋服は地味な印象のものばかりなので、洋服を着て外出することも苦痛に感じるという人も多いのです。ある程度の大きさを得たいと考えているなら、思い切って美容外科での豊胸手術を受けてみてもよいでしょう。大宮の美容外科は、患者さんとのカウンセリングを重ねることで、患者さんの要望に合わせた理想的な大きさとデザインに仕上げてくれます。

大宮の美容外科では、ヒアルロン酸注入によって胸の大きさを調整してくれます。豊胸手術といえば、多くの人は胸にシリコンなどを入れて行なうものだと考えるでしょう。しかし、シリコンによる手術は胸本来の質感を損ねるものとなるため、最近ではシリコンを使った手術は行なわれていません。大宮の美容外科は、ヒアルロン酸の注射を胸に行なうことで、自然な仕上がりで胸を大きくしてくれます。ヒアルロン酸注射は、注入する箇所を間違えると形が崩れてしまうため、医師の技術力が試される施術です。大宮の美容外科の医師は経験が豊富であり、またパソコンを使ったシミュレーションにより注入する場所をしっかりと計算しているので、注入箇所を間違えてしまうことはないのです。

ヒアルロン酸による施術は、一度行なえば効果がずっと持続するというわけではありません。ヒアルロン酸は時間経過とともに体に吸収されてしまいます。何らかの出会いを得られるイベントや、結婚式などの特別なイベントに向けて一時的にバストアップをしたいと考えている人であれば問題なく利用できます。しかし、バストの大きさを永続的に得たいと考えているならば問題となるでしょう。胸の大きさを固定したいという人にオススメなのが、プロテーゼを使った豊胸手術です。このプロテーゼとは、安全性の高い樹脂であり、人口軟骨として医療の現場でもよく用いられています。プロテーゼを埋め込むことで、バストの張りと形状を固定することができるため、ヒアルロン酸とは違い胸の大きさを保持できます。プロテーゼは生理食塩水などを含んだバッグ状の構造なので、質感なども自然のものと大差なく、豊胸手術をしたことがバレる心配もないため、多くの人が利用している手術法です。